各種証明書の発行

卒業後に各種証明書(卒業証明書、調査書等)が必要になった場合は有料となります。

以下をよくお読みになって申請してください。

各種証明書の発行について何かご不明な点がありましたら、Q&Aをご覧下さい。

 

1.交付手数料及び発行までに要する期間
 証明書の提出期限等を確認していただき、余裕を持って早目に申請を行ってください。
(郵送による申請・受領を希望される場合は、郵送にかかる日数を考慮してください。)
種類 交付手数料  発行までに要する期間
卒業証明書 1通につき400円 申請日(郵送の場合は受付日)当日に発行
成績証明書 1通につき400円 申請日(郵送の場合は受付日)から1週間
単位修得証明書 1通につき400円 申請日(郵送の場合は受付日)から1週間
調査書 1通につき400円 申請日(郵送の場合は受付日)から1週間
その他の証明書 1通につき400円 申請日(郵送の場合は受付日)から1週間
*英文卒業証明書を必要とする場合は「その他の証明書」欄にその旨を記入して下さい。
 
2.申請方法
(1)

学校事務室窓口で申請する場合

【受付時間】

平日の午前8時30分から午後5時まで

*土・日・祝日・年末年始休業日(12月29日~1月3日)は受け付けていません。

  【持参いただくもの】
証明書交付申請書

交付手数料

つり銭の無いようご用意ください。

証明書を受け取る場合に持参してください。お渡しする「領収証書」は、後日、本人確認用に使用します。

本人確認書類(運転免許証、保険証等)

証明書はプライバシーに関わる重要な書類ですので、本人の確認をさせていただきます。

窓口で提示していただくだけでけっこうです。

 

 

≪代理人による申請の場合≫

本人が窓口で申請できない場合、代理人による申請も可能です。次のものをご用意ください。

委任状

本人の署名、捺印したものを提出してください。

代理人の本人確認書類(運転免許証、保険証等)

窓口で提示していただくだけでけっこうです。

 

(2)郵送による申請の場合

次のア~オを郵送してください。郵送に要する日数も考慮の上、余裕を持って申請してください。

証明書交付申請書

証明書交付申請書を印刷の上、必要事項を記入してください。

定額小為替(必要な交付手数料の額面のもの)

証明書の必要枚数に応じた金額(1通につき400円)の定額小為替をゆうちょ銀行または郵便局窓口でお買い求めください。(無記名のまま同封してください。)

過不足のないようにしてください。

金額が多すぎた場合、少なすぎた場合ともに、再度正しい金額のものを郵送していただく必要があり、発行までに日数を要することになります。

本人確認書類

申請者本人を確認する書類(運転免許証、健康保険証等)のコピーを送付してください。

なお、そのコピーは返却しません。

 ェ 返信用封筒
下記の「参考:返信用の封筒、切手について」を参照の上、該当する封筒に宛先の住所・氏名を記入し、必要な切手を貼付したものを送付してください。

「参考:返信用の封筒、切手について」

(Ⅰ)卒業証明書のみの場合  

証明書枚数 封筒の大きさ 料金 重量区分
1~2通 長形3号(120ミリ×235ミリ) 82円 25gまで
3~5通 長形3号(120ミリ×235ミリ) 92円 50gまで

 

(Ⅱ)成績証明書・単位修得証明書及び調査書の場合

   (同時に卒業証明書を申請する場合を含む。)

証明書枚数 封筒の大きさ 料金 重量区分
1通 角形2号(240ミリ×332ミリ) 120円 50gまで
3~5通 角形2号(240ミリ×332ミリ) 140円 100gまで
6~9通 角形2号(240ミリ×332ミリ) 205円 150gまで
3~5通 角形2号(240ミリ×332ミリ) 250円 250gまで

*速達・簡易書留郵便を利用される場合は別途、料金が必要となります。

 料金は郵便局の窓口等で確認してください。

 

「参考:郵送申請時のチェックリスト」

確認事項 確認
チェック欄
 送付する書類
必要事項を記入した申請書
定額小為替
返信用切手を貼付した封筒

 送付する前に確認する事項
定額小為替は証明書の必要枚数×400円となっていますか
返信用の封筒の大きさは正しいですか
返信用の封筒に宛先を記入しましたか
返信用の封筒に貼付した切手の額は正しいですか
 
3.注意点
 (1)

 文書の保存期間の関係で、下記の年限を経過した証明書は基本的に発行できません。

・調査書及び成績証明書 ⇒ 卒業後5年を経過した場合

・単位修得証明書 ⇒ 卒業後20年を経過した場合

なお、発行不可の場合は、証明書が発行できない旨の通知書を無料で発行しますので、必要な場合はご連絡ください。

(2) 申請の際に支払った手数料は返金できません。証明書の枚数をよく確認して申請してください。
(3)

申請書に不備がある場合や郵送による申し込みの際に必要書類が同封されていない場合は証明書を発行するまでに日数を要することがありますので、余裕を持って申込んでください。

 

4.問い合わせ先・郵送による申請時の送付先
 

住 所  〒594-0082 大阪府和泉市富秋町1-14-4

学校名  大阪府立和泉総合高等学校 事務室

電 話  0725-41-1250(代表)

 


 

証明書交付申請手続きに関するQ&A

Q1 申請書をダウンロードすることができません。どこで入手できますか?

A1

 

大阪府教育委員会教育振興室高等学校課または、最寄の大阪府立高等学校、支援学校、高等専門学校で入手してください。
卒業(退学)した学校でなくても、申請書を入手することは可能です。
他府県にお住まいの方で、申請書をダウンロードできない方は卒業(退学)した学校に郵便で申請書の送付を依頼してください。
その際は、返信用の封筒・切手を同封してください。
※申請書ダウンロードはこちらからでも可能です。
    証明書交付申請書 / 委任状
Q2 本人確認に必要な書類とは、どのようなものですか?

A2

 

運転免許書や健康保険証を提示してください。
その他、パスポートや住民基本台帳カード、自宅に届いた郵便物(局の消印入り)でも可です。
Q3 提出先が成績証明書の様式を指定しているのですが、証明は可能ですか?
また、手数料は必要ですか?

A3

 

学校以外の様式の証明書を交付することは可能です。
また、証明する内容が定められた様式の内容と同一なので手数料は必要です。
Q4 英文の卒業証明書が欲しいのですがどうすればいいですか?

A4

 

大阪府教育委員会では、日本語の卒業証明書が正式な証明書となります。
ただし、求めに応じて英文卒業証明書を発行します。その際、手数料が必要です。
「その他の証明書」欄に英文卒業証明書と記入して下さい。
Q5 卒業式後に交付される証明書はいつまで無料ですか?

A5

 

卒業した年月日の末日までは、無料です。卒業証書の卒業年月日を確認してください。