校則 ~14期生~

 

懲戒指導について
A)違法行為・反社会的行為(校内外を問わない)
B)喫煙・飲酒(電子タバコ・ノンアルコール類も含む)に関する行為
C)迷惑行為
D)二輪車・自動車に関する内容
E)考査中の不正に関する行為(当該科目は0点となる)
F)その他

運転免許の取得について

イエローカードについて
発見した時点でイエローカード発行に至る要件
指導に従わないために、イエローカード発行に至る要件
身だしなみ指導について
身だしなみイエローカード発行に至る要件
頭髪検査について
遅刻指導(早朝登校)について


懲戒指導について

 

A)違法行為・反社会的行為(校内外を問わない)

①万引き・窃盗・暴行・傷害・恐喝・薬物乱用
 ※未遂や現場に居合わせた場合も含む
②不良行為
 ※暴走族に加入する等
③暴力行為(対教師、生徒間等)
 ※腕・胸ぐらをつかむ、押す等を含む
④器物破損(弁償を含む)
⑤セクハラ行為
⑥軽犯罪法違反
 ※立小便、下着・下半身を見せる等
⑦いじめ行為
 ※暴力、誹謗中傷、金品強要、SNSを利用した嫌がらせ、ズボンやスカートを脱がせる等

 

B)喫煙・飲酒(電子タバコ・ノンアルコール類も含む)に関する行為

①喫煙・飲酒行為と20歳未満の喫煙・飲酒行為の同席
②喫煙具の所持・隠匿
③所持品検査を拒否

 

C)迷惑行為

①悪質な暴言、授業妨害
②他校への侵入、他校での授業妨害等

 

D)二輪車・自動車に関する内容

①無断で運転免許を取得(学校を休んでの取得を含む)
②二輪車・自動車登下校(私服を含む)
 ※登下校時以外でも、一部でも制服を着用している場合
③二輪車・自動車の貸し借り(双方に指導)
④二輪車・自動車に同乗しての登下校(自身の保護者以外)
⑤道路交通法違反(無免許運転等)

 

E)考査中の不正に関する行為(当該科目は0点となる)

①カンニング(見る、見せる、交換する)
②筆記具やその他物品の貸し借り
③私語や会話を繰り返す
④考査を妨害し、監督者の指示に従わない
⑤携帯電話等(電子機器全般)に触る

 

F)その他

①無断で画像・動画の撮影やSNS等にアップロード
②停学課題の代筆
③各種イエローカードの累積

 


運転免許の取得について

交通安全講習を受講し、事前に指導を受けた者には免許取得や乗車することを認める。(講習会は 夏休み前や春休み前に実施)
①交通安全講習を受講した者には、免許取得届出用紙を配布する。
②取得する際は、必ず長期休業中に取得し、その後速やかに学校に申告する。
③免許取得届出用紙はその年度末まで有効とする。
④夏休み前に1年生全員を対象とした交通安全講習を行う。
⑤2・3年時は希望者のみ(事前に参加希望を募る)とする。
⑥授業日に免許を取得したことが発覚した場合は懲戒指導。
⑦申告をしていない(=交通安全講習を受講していない)にもかかわらず免許取得した場合も懲戒 指導。
⑧3年生が就職予定先などから免許取得の要請文書が提出された場合交通安全指導を受講していな くても取得可能とする
⑨編転入の生徒で入学前に免許取得している場合は免許取得届出用紙を提出する。
⑩入学前に免許を取得している生徒は、免許取得届出用紙を提出する。(交通安全講習は必ず参加 )

 


イエローカードについて

 

発見した時点でイエローカード発行に至る要件

①校内の立入禁止区域に入る(所持品検査)
②トイレを不正に使用する(所持品検査)
 ※理由の如何を問わず、個室に複数で入っている等
③学校の塀を乗り越える
④窓などから出入りする
⑤土足・裸足で、教室・廊下等に侵入する
⑥早退届や外出届を提出せず、下校する
⑦登下校時、校外の立ち入り禁止場所入る(所持品検査)
 ※JR信太山駅前のトンネル内や、池上小学校方面の道路等
⑧授業中に携帯電話等、電子機器類(イヤホンを含む)に触れる
⑨考査中、携帯電話等、電子機器類が鳴る
 ※マナーモードを含む
⑩考査中、口笛や机をたたくなど試験を妨害する
⑪考査中、または答案点検終了までに無断で教室から出る
⑫学校のコンセントから電子機器の充電をしている

 

指導に従わないために、イエローカード発行に至る要件

①授業中に校内を徘徊している場合
②その他、教員の指導に従わない場合

 

身だしなみ指導について

アクセサリー、付け爪などの加工、化粧はやめましょう。
加工(切断等)した制服は再購入してもらいます。
 ※加工した制服は預かり、卒業まで返却しません。
 ※購入するまでは、異装許可証を発行(2週間が限度)。
 ※通学時の防寒対策として、マフラー・手袋・ブレザーの上にジャンパーなどを着てもかまいま せん(ロッカーまで)。

 

身だしなみイエローカード発行に至る要件

A)加工(切断等)した制服を着用している
 ※折り曲げている・ベルト等を用いて高い位置で固定している等でスカートが指定の長さよりも 短い
B)指定以外のネクタイ・リボンを着用している
C)ネクタイ・リボンを各式典(入学式、卒業式、始業式、終業式)、芸術鑑賞、集会、各考査等の 時に着用できない
D)正門通過時、ブレザーを正しく着用していない
 ※C・Dはブレザー着用期間
E)本校指定の制服以外を着用している
 ※ブレザーの下にパーカーや指定外のカーディガン類を着る、スカートの下にジャージ類を穿く 等
F)校内で帽子を被っている
G)スリッパ・サンダル類での登下校
H)染髪している(考査期間を利用し、教員が判断する)

 

頭髪検査について

①検査期間は各考査中(5日間)とする
②指導対象となった時点で「身だしなみイエローカード」を発行。後日呼び出して指導する。
③2週間の猶予期間内に、頭髪を整える。
④再検査で合格できなければ、再度身だしなみイエローカードを発行する。
⑤再検査は合格するまでおこなう。
⑥不合格の度に身だしなみイエローカードが発行される。

 

遅刻指導(早朝登校)について

遅刻が多い生徒には、次の遅刻指導を行う。
①考査間で集計し、出席しなければならない日数のうち、3分の1以上の遅刻がある生徒は早朝登校 の指導対象となる。
②早朝登校は1週間(5日連続)をめどに8時20分までに登校し各学年職員室で確認する。
③5日間連続を達成できなかった場合は翌日からさらに5日間連続早朝登校とする。
④早朝登校期間中、体調不良等で保護者からの連絡があり、欠席した場合は遅刻とはカウントしな い。ただし、保護者からの連絡がない場合は遅刻とする。
⑤早朝登校期間中、8時20分に遅刻した場合は、毎回その日に反省文提出とし、複数回あった場 合は、保護者を含めた懇談や早朝登校指導となる。

 

 

 表示する学年を選んでください